初めてのお付き合いで、不満があるとその後トラウマになる事もあります。

2015.08.10

初めてのお付き合いで、不満があるとその後トラウマになる事もあります。 はコメントを受け付けていません。

10代後半に同級生とお付き合いしたことがありますが、その時に不満が不安が多少トラウマになっています。

お互いに気になって卒業間近にお付き合いをしましたが、何故かいつも彼の家の方に行くことが多く交通費も馬鹿にならなかったことや初めは途中の駅まで迎えに来てくれたけど、何回か立ったら彼の家の最寄り駅まで行くことになったことなど、ちゃんとした初めてのお付き合いとしては不満がありました。

当時の彼とは同じ県内でもおそらく2時間くらい違く、私が住んでいたほうが栄えていて、彼が住んでいる町には特別な遊べる場所などがありませんでした。

お互いの家の中間地点で逢えば、映画もショッピングもカフェも楽しむことができたのに、毎回のように彼の家に行き、特に楽しく会話することもなく、10代の男の子が考えることといえば…といった感じでした。

話をしても私の性格を誤解しているようで、私と仲良かった子の方が弱いと感じているような内容や本当に私の事を好きなのかな?と思うような雰囲気もありました。

その出来事が多少トラウマになってしまって、次にお付き合いした人はかなり大人でしっかりと私の事を考えてくれた人だったのにも関わらず不信感や少しだけ恐怖感のようなものを感じることがあり、なかなか自分自身を出すことができませんでした。

付き合っていることも友達にバレたくないとかバレないようにスリルを楽しんでいるとか言っていることもあり、頭は良い人でそこに惹かれたのもあったけれど、いまいち私の感覚とは合うことがなく、数か月で自然消滅してしまいました。

最後のほうは、駅までは送ってくれたけど電車が来るまでいてくれることもなく、色んな意味で後悔を抱えたまま自宅に戻ったことがあります。

今思えば10代だったのだから仕方がないと思うのですが、自分の事しか考えていないような感覚に不満を感じていたり、幸せだと思えるお付き合いではなかったので、なんとなく両親に対して申し訳ない気持ちと、あの頃の自分に、ちゃんと自分の心に本当にその人が好きなのか、その人は本当に私を好きなのかと聞いてあげたい気持ちが未だにあります。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

カテゴリー